天満屋
社長 江國成基さん
若年層の獲得急務

2019年01月01日号

アプリや美容商材に活路

えくに しげき(58)

顧客の高齢化もあって全国的に百貨店の業績が低迷する中、㈱天満屋は美容健康ブームを受けたテコ入れを進める考えだ。18年に旗艦店の岡山本店(岡山市北区表町)と準旗艦店の福山店(福山市)の化粧品売場の拡充し主要顧客の女性層のニーズに応えた。また若年層の獲得のため、アプリの利用を顧客に提案する。同社は19年で創業190年。百貨店業界を取り巻く環境にどう対応するか、江國社長に展開を聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン