パンフルート奏者
今井 勉 さん
「炊き出し音楽家」

2019年04月10日号

全国の被災地を慰問

「Panみちゅ」とコラボ演奏

「うたごえ喫茶」定期開催

いまいつとむ (54)

「炊き出し音楽家と呼ばれています」と今井 勉さんは笑う。岡山県内で活発に演奏活動を行う一方、全国の災害被災地にパンフルートを携えて慰問に出向くからだ。避難所での食料の炊き出しが被災者の空腹を満たすように、パンフルートの音色には心にできた空洞を埋めていく効果があると考えている。3・11東日本大震災の1カ月後には現地からの依頼に応じて岩手県大船渡など8カ所の避難所で演奏を行った。熊本地震や鳥取地震、西日本豪雨の被災地にも赴いている。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン