県民文化センターふくやま
備後の芸能と広島神楽の共演
2/11に開催

2018年01月10日号

「我龍が叩き 宮乃木が舞う」
コラボで「八岐大蛇」も公演

太鼓ユニット我龍

 スガナミ楽器㈱、㈱ベッセルテクノサービス、㈱エーシー、㈱陸地コンサルタントの共同企業体が指定管理者として運営している広島県民文化センターふくやま(福山市東桜町1-21・エストパルク内、丸田清文館長、電084・921・9200)は自主事業の一環として、2月11日〔日〕午前2時から同ホールで「備後の芸能と広島神楽の共演」イベントを開く。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン