盈進学園
最新のIT教育設備を導入
震度7対応、高校新校舎を建設

2018年02月10日号

2019年春の供用を目指す

2019年に完成予定の新校舎

 中・高一貫教育の理想をめざす、盈進学園「盈進中学高等学校」(福山市千田町千田487―4、鎌刈拓也理事長、電084・955・2333)は1月29日、中学校校舎南側に、震度7に対応する新校舎を建設することを発表した。新校舎完成後は現在の高校校舎3棟と食堂を取り壊し、グラウンドとして活用する。新校舎建設に合わせ教育環境の充実をはかり、教育内容や教育実績の向上を目指す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン