フューレックフードサービス
オフィス・家庭にプロの味を
コロナウイルス対策の一環で

2020年04月01日号

テイクアウトとケータリング

ケータリングサービスの一例

 映像・飲食・不動産・エリアイン事業の㈱フューレック(福山市笠岡町4―4、藤本慎介社長、電084・924・1820)「フードサービス事業部」(同市伏見町4―33)はこのほど、外食を控える市民のために「テイクアウト及びケータリングサービス事業」を始めた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン