クラフトビールが引き合い増
専用サーバー導入店も
メーカーも受注増加に

2018年08月20日号

 備後や岡山地区でクラフトビールの売れ行きが伸びている。特に料飲店では趣向の違ったビールとして引き合いが増え、キリンホールディングス(東京都)が展開する専用サーバーを取り入れる店も増えた。若者を中心に酒離れが進むなか、クラフトビールを切り口にメーカーや店舗はニーズを引き出す。クラフトビールメーカーや酒小売店などに話を聞いた。(高橋和孝)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン