大学との共同研究が活発
沖縄でシロギスを量産化
画期的な口腔ケア商材開発

2019年10月01日号

 地場企業と大学との共同研究開発が活発だ。企業にとっては先進的な技術を活用し市場先駆性を発揮し売上げ獲得につなげるねらいがある。福山市内の水産商社は福山大学の海洋技術に着目し沖縄県でシロギスの完全養殖の実証実験に着手。また岡山市内の医療機器研究開発製造業者は岡山大や広島大、北海道大と共同で口腔衛生の画期的な新商材を発表した。各社の動きを追った。(高橋和孝)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン