政経パトロール
福山駅前1号線に活気が戻る
動き出した伏見町再開発

2020年02月01日号

福山駅前1号線を西側から望む

 2018年夏ごろから、民間のまちづくり会社㈱築切家守舎(福山市伏見町4―33、藤本慎介社長)が進めている、伏見町「福山駅前1号線」のリノベーション事業が本格化している。事業第1号として18年12月、土屋ビル(同市伏見町1―16)を再生し、1、2階に「イケグチ・ミート・パブリックハウス」(電084・999・3110)がオープン。今年1月には、TKKビル(旧橘高ビル、同市伏見町3―16)1階がウォータリングホールとして生まれ変わり、2店舗出店している。福山駅前1号線の再生を取材した。 (稲毛一郎)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン