万里子の首都圏リポート㉔②
東京ほつま会会長
MTK社長 勝田正純さん

2020年07月10日号

“得意澹然 失意泰然”をモットーに

東京ほつま会・勝田正純会長

 勝田正純さん(74)は浅口市鴨方町出身。2010年から、東京在住者を中心とした金光学園出身者の同窓会「東京ほつま会」の会長(6代目)を務めている。現在会員は1555人。年1回、9月の最終日曜日に渋谷のホテルで総会を行って親睦を図っている。OB20人によるブラスバンドの生演奏や講演会が催されるのが恒例で、中でも評判だったのは、一昨年行われた、金光学園出身で東証一部上場企業の社長、エン・ジャパン㈱の越智通勝氏、㈱ワコールの安原弘展氏、㈱長谷工コーポレーションの辻範明氏(現・会長)の三人による鼎談である。三人とも年次が近く、金光学園時代の思い出話に花が咲き、さらに「学校の勉強だけが第一ではない」と、企業のトップに上り詰めた立場ならではの話も出たそうだ。総会には毎回100人ほどの参加者があるが、残念ながら今年はコロナ禍の影響で中止となった。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン